EngineerZine

〜人生楽しくをモットーに常に闘いつづける〜 ※本ブログ内の発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません

堪え時は続く、、

お疲れ様です。

 

先週から家族が増え母と一緒に生活がスタートしました。

 

母は体調悪く、家事があまりできない状況です。

 

それもあり、一緒に住み始めたわけです。

 

 

おそらく妻に負担が集中するはずなので、

 

長男、長女には、

 

全面的に支援するように、

 

と会話してましたが、

 

あまりうまくいってない様子。

 

 

特に私がいないときは、コーディネートするひとがいないので、かなり厳しい。

 

 

まさかの1日で妻がグロッキー状態に。。

 

 

今次男があまりに甘えているので、

負担が集中してるんですよね。。

 

困ったなと。。

 

こんなときに、職場のロケーションについて検討ありとなりました。。

(一時的にとは聞いてますが、、)

 

さて、どうしようかなと。。

 

困りました。。

 

去年で厄年は終わったはずですが、まだ幸福はやってこないようです。。

 

本音を言えば、

 

「今は厳しい状況です。父が亡くなったばかりで長期の出張は困難です」

 

けど、

 

新しい職場に移ったばかり。

 

そんなことは口が裂けても言えません。

 

あとは、個人的には、ここのロケーションにいるから私は価値が出ると考えてるんで、メリットを失うことも想定しないといけないんですよね。

 

ただ、まぁ私の知り合いだと条件合わないとは思うんで、つい合いそうなところに個人的に営業始めました。引き合い来たら、また考えよう。

 

ということで今週末は家族会議を開催します。

 

なんか乱文ですいません。

父が亡くなりました

お疲れ様です。

ここ数日眠れない日々を過ごしています。

 

FacebookTwitterでもいつも記事を掲載したり、セルフブランディングし続けていましたが、今は喪に服すために自重しています。

 

令和元年開けたばかりですが、父が亡くなりました・・

 

ようやく、お通夜、葬儀が終わりまだまだ、諸々のことが残っていますが・・

 

まずは折角なので、喪主としてご会葬いただいた皆様へお話しした内容を記載いたします。

 

喪主挨拶

故人 ◯◯◯◯の長男 ◯◯でございます。喪主として一言ご挨拶申し上げます。本日はご多忙な中、父・◯◯の葬儀にご会葬を賜り誠にありがとうございました。

2018年10月より父と母はここ福岡に引越しをして新生活を始めておりましたが、父は、母が体調を崩してからは特に、洗濯を手伝ったり家の掃除してくれたり母のケア含めて、親(おや)孝行ならぬ、妻(つま)孝行をしてくれておりました。
そんな父を見て、私は非常に感謝し、そして心強く感じておりました。

しかし、5月5日19時30分頃、母からの緊急電話で私が駆けつけたときは、体調を崩し風呂場で溺れてしまった父の姿を目の当たりにし、そのまま父は病院に搬送されましたが、心肺停止状態となり、5月5日20時24分、78歳で帰らぬ人となってしまいました。

あれほど元気だった父が、また今まで数々の困難や病魔を乗り越えてきた父が、よもや亡くなるとは思ってもおりませんでした。父には教わりたいことがたくさんあったのですが、もう聞くこともできないのが本当に残念でなりません。

父は、多少頑固なところはありましたが、非常に几帳面でかつ器用で、特に歳をとってからの父は本当に優しく、私や私の弟である◯◯、そして何より妻である 母・◯◯◯ の大きな支えでした。

また、父の孫である、私たちの子供たち、
◯◯◯、◯◯◯、◯◯◯、◯◯◯、◯◯◯が

健やかに育っているのも間違いなく父のお陰と私は考えています。

子供たちは一緒に遊んでくれたお爺ちゃんとの思い出をきっと記憶の1ページとして記録し、また大きな糧として強く逞しく成長してくれると私は信じておりますし、そんな彼らと私たちがお互いに協力しあい、今後も母・◯◯◯を支えながら前へ向かって進んで参りたいと考えております。

本日は最後までお見送りいただき、また遠路はるばるお越しいただき、父も心から喜んでいると思います。厚くお礼申し上げます。ありがとうございました。

 

 

悔いが残る

母は要介護ではないですが、介護に近い状態になってしまい、

本当に父が色々やりくりをしてくれていました。

 

今回の件で私は色々悔やみました・・

 

・何故一緒に住もうって言えなかったのか?

→昨年福岡で住むタイミングでなぜ一緒に住もうって言えなかったのか?もちろん、それはそれでライフスタイルの違いで大変なわけですし、おそらく実現しないとは思いますが、今回は誰かがいち早く気がつけばもしかしたら父は助かったのではないかと・・

 

・数十年過ごしてきた鹿児島を離れ、福岡に住んでもらっていたのはBetterだったのか?

→もちろん鹿児島にいると、今回のケースのようなことに対応できるわけではないわけですが・・、鹿児島にずっといると、母の病気がもっと悪化していて母の方がもしかしたら・・・なっていたかもませんが・・

 

・事前にもっと対応できていたのではないか?

→高齢の両親には、私が得意なIoTで見守りシステムをいち早く準備してあげておくべきではなかったかと・・

そうすればもっと迅速に対応できていたのではないかと・・・

 

警察さんの定型的な対応には疑問

今回、自宅でおそらく心肺停止状態となりましたので、警察が諸々調べに来られました。

(病院で亡くなるのとは異なりそういうものらしいです)

 

死因は原因不明で溺死的なことを死亡診断書には書いていましたが、私はおそらく、風邪を引いていて、寒くて熱い風呂に入りヒートショックにより意識が朦朧もしくは意識を失ってしまったのではないかと推察しています。

(CTを撮ってもらった時に、肺炎を少し起こしていたと聞いていますし、寒い寒いと本人が言っていたと母が言っていました。)

 

根拠を提示して、寒暖差によるヒートショックではないかと私はずっと警察さんにも伝えていましたが、まあそういう職業なんでしょうね。一切そうかもしれませんねとは言ってくれず・・

 

病院でも話を聞くからちょっと待ってと言われつつ、なかなかおまわりさんこないし

(結果2時間ぐらい待たされて)、それから調書や鑑識さんの対応もあって、寝たのはAM4時、まあ、私だけならまだいいんですが、体調の悪い母までAM4時まで付き合わせて正直、どうなんだろうって気がしました。

母は、薬も時間どうりに飲まないといけない、ご飯も定期的に食べないといけない、腰は悪いのに、、そんな中で対応することに疑問を感じていました。

(なんか、服用している薬とか、まああちこち両親の家の中を調べまくられましたよ・・、銀行口座にいくらお金が入っているかとか。途中、警察手帳を見せてくださいって私言いかけましたから・・そういう詐欺もありそうだし)

 

それからというもの母は体調が不安定です。正直憤りを感じています。

 

しかも翌日もおまわりさんから電話かかってきて、風呂上がりに父はどの服を着るつもりだったのか?とか。。そんなのさ、当人しかわからないんじゃない?って思うんですが・・

 

事故なのか、事件性があるのかを調べるのはわかるんですが、そういうのって利益を得る人がいるかどうかで対応時間含め調整できると思うんですよ・・

 

母は父に死亡保険はかけてませんでした。まあ、なんでかけてないかは置いといて、、

 

その点も警察さんには話したんですが、まあ、淡々と長々と何時間も時間をかけて、、

我々からすれば父を失うことは損失であるし、警察さんにしても、そんな事情を考えずただ淡々と同じことをやるでは時間が勿体無いと思うんですよね・・

 

ほんと心底、母は父に感謝していました。母は、自由に動けない自分が情けないって、父に本当に感謝してるって、

涙ながらに常々話していたんですよ・・

 

 

そんな中、私は

「皆、一人じゃ生きていけない、みんな誰かに助けられて生かされてるんだから、気にしなくていいんだよって」

っていつも勇気付けていました・・

 

話が脱線しましたが、警察さんの今回の対応は今後のケースも考えるともっと改善の余地があるように感じました。すべての懸案に対して、同じ時間をかけるって無駄のような気もして・・

私が家系の血筋である、政治家になった暁には、、

真剣に対応して参りたいと考えています。(まあ、政治家になることはあるかわかりませんが。。)

 

亡くなった経緯(私見

寒い状態の中で、熱いお風呂に入る(父は熱いお風呂が大好きでした)

いわゆるヒートショックになってしまい、意識が朦朧→意識を失う、ということになり溺れてしまったのではないかと思っています。

 

風邪をひいていて、疲れていたことも原因として考えられます。

 

父は膵臓を悪くして糖尿病持ちでした。

膵臓を若い頃に病気していることもありますが、

糖尿病なども合わさって血圧が上下激しくなってしまったのではないかと。

 

普通溺れたら、声を上げると思いますが、母は声を出してなかったと言っていましたので。。意識を失ったのではないかと・・

 

また、母もとっさのことで判断ができなかったこともありそうですが、

彼女なりに判断してくれていたので、私はもう何も言えません。

 

この2日間

ほんと、夜通しで泣きました。

 

お通夜も告別式会場で、父の遺影を見ながら、

ずっと泣いてました・・

 

そう、一人、喪主として話すことを考えながら・・

 

思い出しながら泣き、自分の想いを文章にしながら・・

 

子供達(父からすると孫)にほんと気持ちを伝えたかったんです・・

 

人はいつか死ぬ、しかも突然に

 

だから、

 

精一杯生きて欲しい。

 

 

葬儀について

遠方から本当に多くの方に会葬いただきました。

 

また、4月に私も転職したばかりでまだ試用期間の身分です。

 

やむを得ないとは言いつつも、やはり

お休みをいただくことに申し訳ない気持ちでいっぱいです。

(しかも今週やらなければならないタスクも大きなものを抱えておりましたし)

 

初めは1日だけでもいいので休ませて欲しいという感じでしたが、

 

・5日間休暇がいただけた

・弔電、お花もいただけた(香典もいただけそう)

→しかも対応が非常に早い

 

また、わざわざ福岡のお取りまとめの方が、

弔問におとづれたいとご連絡までいただきました。

 

外資系でドライな会社と言われていることも多い会社様です。

もちろん、仕事は大変なことが多いし、勉強させていただくことも多いですが、

今回のご対応で改めてファンになりました。

 

母のことをまずは家族一致団結して、進めることもありますが、

会社に貢献したいという強い思いを改めて再確認するきっかけとなりました。

 

ちなみに、前々職の時は、私が結婚する際に、

祝電をいただいたのは常駐先の会社様で所属する会社からは一切祝電などはなく、

前々職の上司からは「ごめん、忘れてた」という回答をもらいました。。(笑

 

 

これから

これから、母を家に迎え入れて新しい生活がスタートします。

 

私の子供達も、父のために(おじいちゃんのために)

涙を流してくれました。

 

血の通った子供達だったんだなと改めて実感して、本当に嬉しかったし、

私ももらい泣きしました。。

 

今日、私は妻、子供達、母に自分の気持ちを明らかにし、

彼らの心を改めて動かすために話をするつもりですが、

すでに娘は行動に移し始めているようです。

 

まだ、喪に服している状態で事務的なこと含めやることを処理していかなければなりませんが、まずは乱文ですが、ブログにのみ記載させていただきます。

 

ご覧いただきありがとうございます。

 

 

 

GAS利用してDMM英会話の予約メールが届いたら自動でGoogleカレンダーに

お疲れ様です。

 

3時になりました。

 

英会話にご執心の私です。

 

実は、

 

https://eikaiwa.dmm.com/

 

仮契約中なんです。

 

まあ、なかなか英語で会話することなんて今までなかったので、

 

TOEICの実力も錆びるし、おかげで相当辛い想いをしています。。

 

そこで、英会話を申し込んだわけですが・・

 

 

なんと、Googleカレンダーへの追加機能がないじゃないですか・・

 

これないと忘れるよね・・

 

ということで

 

Google Apps Script

 

を利用して、

 

自動登録できるシステムを作りました。

 

 

f:id:jinsights:20190502030855p:plain

 

 

こんな感じでGASを書きます。

 

スプレッドシート

 

 

f:id:jinsights:20190502030937p:plain

 

どの感覚で実行するかを明記するためにトリガーを追加します。

 

f:id:jinsights:20190502031007p:plain

 

 

ジャーン、

 

自動でGoogleカレンダーに追加できました。

 

 

この辺りは、

 

 

http://blog.shotarok.com/post/2016-12-09-auto_creation_of_eikaiwa_events/

 

これあたりが非常に参考になります。

 

 

いかに非効率なことをやめるか、、

 

ITエンジニアとかそういう人たちってそれをこそ考えるべきだと思うんですよね・・

 

 

これで、バッチリで英会話勉強できます。

 

 

4月24日IoT検定・IoTリテラシーWG(第4回)、4月27日JDLA G検定のススメ 開催報告

お疲れ様です。

 

令和元年やってまいりました。

 

A Happy New Gengo!

 

って感じですかね・・

 

さて、日本ITストラテジスト協会 九州支部の魔の4月・・・

 

GWの兼ね合いもあり、

ちょうど人にアサインしずらい時期でもあるんですが、

 

結果私の方で小一時間ほどお話ししました。

 

タイトルは

 

【日本ディープラーニング協会 G検定のススメ  ~合格テクニック紹介~】オープンミニセミナー

 

となります。

 

4月27日土曜日17時30分からの開催です。

https://jistaq.connpass.com/event/127968/

 

 

f:id:jinsights:20190501000707p:image

 

14名の方にご参加いただきました。

 

f:id:jinsights:20190501001636j:image

 

懇親会も盛り上がりましたよ!

 

 

 

さて、福岡市IoTコンソーシアムさんとの昨年の公約でもある、

 

・第一回 戦略とマネジメント  11月29日(木) 18:30~20:00

・第二回 産業システム     12月13日(木) 18:30~20:00

・第三回 法律          3月12日(火) 18:30~20:00

・第四回 ネットワーク      4月24日(水) 18:30~20:00

・第五回 デバイス      

・第六回 プラットフォーム  

・第七回 データ分析     

・第八回 セキュリティー 

 

第4回 ネットワークの勉強会を開催しました。

 

こちらは4月24日水曜日

 

f:id:jinsights:20190501000658j:image

 

こちらも実は懇親会(主催メンバーでの反省会)あったんですが、

写真撮り忘れてました・・

 

こちらは7名のご参加いただきました。

 

 

 話なれるって大事なことですよね・・

 

f:id:jinsights:20190501001935j:image

 

f:id:jinsights:20190501001951j:image

 

ほんと、人の繋がりがまずはIoTを軸にして

 

福岡市IoTコンソーシアムさん

公益財団法人 九州先端科学技術研究所 さん

情報処理試験機構さん

 

積極的に、交流広げていることもあり、

 

前々職、前職の会社との繋がり

 

など、直接IT関連だけでない部分で幅を広げつつあります。

 

 

 

f:id:jinsights:20190501002017j:image

 

 

本業ももちろん全開で頑張っていますが、

なかなか今は完全に能力を発揮できている状態とはあまり言えません。。

 

本業は本業で完全に抑えつつ(GWも準備をしていますが)

 

・人材をつなぐハブの役割

・様々な起業の話

・本の執筆活動のお手伝い

・講演の相談

・外部団体の全国大会フォーラム委員長活動

・勉強会の開催

 

は継続的に頑張ろうと思っています。

 

全ては人と人を繋げていけるハブ人間であるために・・

 

 

心理学まとめ

 

相づち法

単なる相づちに一言加えて同調効果を高める方法。

アナログマーキング

ある一つの文章の中で、相手に伝えたい部分だけを強調する手法。例えば、伝えたい部分だけ声の大小やトーンを変える。少し声を大きくするだけで印象に残りやすくなる。他にも緩急をつけたり、間をあけたりするのも効果的。

アンチ・クライマックス法

結論を最初に伝えることで、伝えたいことが簡潔になり、印象深くすることができます。「相手が興味を持っているか分からない・興味がない」場合に有効。

心理学効果まとめ

アンカリング効果

印象に残ったものが後の判断に影響を与える効果。

アンダードッグ効果(負け犬)

劣勢な状況にある人などに同情や支持が集まる心理効果。

アンダーマイニング効果

ある人の自発的な行動に対して後付けの報酬(外発的動機付け)を与えると、モチベーションが下がってしまう効果。
心理学効果まとめ

イーブン・ア・ペニー・テクニック

極端にハードルを下げる。

エスバット法

まず、相手の言い分を受け止め、次に相手の言い分に反論を伝えることで、相手の反感を直接的に買わないようにするための話法。

エス誘導法

エス(はい)と言わざるを得ない質問をされ続けると、肝心の質問でもついイエスと言ってしまう。

心理学効果まとめ

一貫性の原理

一度決めたことは無意識のうちにやり通そうとする人の性質。
心理学効果まとめ

イメージアセンブリリーディング

目線の方向に相手がどんな感情を配置しているのか読み取ること。

ウィンザー効果(口コミ)

三者を介した情報、いわゆる「噂話」のほうが同じ情報を直接伝えられるよりも、その人に与える影響が大きくなるという心理効果。
心理学効果まとめ

ヴェブレン効果

価格が高くなるほど価値があるように思える心理効果。

エスカレーター効果

違和感の一つで、止まっているエスカレーターを降りる時に足が重くなったような感覚。思い込みに反する時に違和感で印象に残りやすい。

心理学効果まとめ

エンハンシング効果

外発的動機付けによってモチベーションが上がる効果。

心理学効果まとめ

オープンクエスチョン

相手から多くの情報を引き出したい場面で有効であるとともに、自ら条件を述べさせるために有効な話法。

カクテルパーティー効果

パーティーの騒音の中でも自分に関係のある会話がされると自然と聞こえてしまう効果。
心理学効果まとめ

カリギュラ効果

あえて秘密にしたり、禁止することで相手の興味が増す心理効果。

間欠強化の法則

確実にもらえるとき以上に成功報酬がもらえる頻度が少ないほど、もらえたときの快感が大きくなり、その余韻を味わうために、何度も継続してしまうという心理原則。

気分一致効果

その時の気分によって、取り入れる情報の種類が変わる。

強化の法則の原則

アメとムチ。褒める叱るは即時。

心理学効果まとめ

クレショフ効果

関係がない映像を連続で見せると、無意識のうちに頭の中で関係性を創りだしてしまう効果。

クライマックス法

結論を最後(クライマックス)に伝える話し方です。「相手が話に興味を示しているとき」に有効。

黒い羊効果

自分が所属する集団(内集団)とそれ以外の集団(外集団)における成員を評価する際に、内集団の優秀な成員は特に高く評価され、逆に内集団の劣った成員は特に低く評価される傾向のこと。

クローズクエスチョン

相手の考えや事実を明確にしたい場面で活用でき、回答を誘導するために有効な話法。

系列位置効果

人はリストの中で最初と最後にある項目を他の項目よりよく想起するという検索の特徴。

ゲインロス効果

良い時と悪い時のギャップがあればあるほど、強烈な印象を残すという心理効果。

決定回避の法則

人は選択肢が多くなると、逆に行動を起こせなくなるという法則の事。

心理学効果まとめ

現状維持の法則

選択肢が広がりすぎた場合、普段と変わらない選択をしてしまう法則。

コントラス効果

意外性があるところを見つけると強く心に残るという心理効果。

心理学効果まとめ

混乱法

あえて相手を混乱させ、自分の思い通りにコントロールする手法。例えば、わざと相手のわからないような専門的な単語を並べつつ、理解してほしい部分をわかりやすい言葉で説明する。すると、その部分の印象が強く残り、内容を理解しやすくなる。
心理学効果まとめ

ザイオンス効果(単純接触効果)

何度も何度も会ったり見たり聞いたり触れたりすると、好意的になるという心理効果。

サイレントフォーカス

一定の沈黙を生むことで人を惹きつけ集中させる手法。授業中に生徒がザワザワしていたとき、ずっとテンポよく話していた先生がちょっと黙ったら静かになるなど。

自己開示の法則

自己開示がおこなえる(自分の弱さをさらけ出す)人に好意を抱き、親近感を覚えるという法則。自分を表す3つの言葉で記憶に残すのがコツ。

自尊の理論

自尊心が低くなっているときほど、自分の価値を認めてくれる人に対して好意をもちやすいこと。

社会的証明の原理

他人の行動に自身の行動もつられてしまう性質。

心理学効果まとめ

シャルパンティエ効果

大きさや重さの単位を変換することで錯覚が起こること。

シャワー効果

ショッピングモールなどで最上階に飲食施設を設けたり、バーゲン会場を設置することで人を呼び込み、施設全体の売上を上げることを目的とした効果のことです。

松竹梅の法則

複数の選択肢を与えられた時、一番無難な答えを選ぶ傾向。

初頭効果

人は最初に与えられた印象に強く影響される。
心理学効果まとめ

親近効果

人はいろいろな情報を与えられてしまうと一番最新の情報に意見が左右されてしまう効果。

シンメトリー効果

人間はシンメトリーな左右対称のものに対し誠実さや美しさを感じ、好意・好感を持つという効果。

心理的リアクタンス

自分の選択的自由が外部から脅かされた時に生じる、自由を回復しようとする反発作用のこと。

スティンザー効果

正面の人には、NO!と言いやすい。

ストループ効果

異なる情報を同時に受け取った場合、その情報を処理するまでに時間がかかること。

スノップ効果(希少性の法則)

「他人とは違うものが欲しい」という心理が作用して、多くの人が簡単には手に出来ないようなものの需要が増し、多くの人が簡単に手に入るものの需要が減少する消費現象。

心理学効果まとめ

スリーパー効果

接触回数と時間経過に伴って、信用できないと感じていた情報が信用できるようになる効果。

セルフハンディキャップ

自分の失敗を外的条件に求め、成功を内的条件に求めるための機会を増すような、行動や行為の選択のことを指す概念。

宣言効果

周囲の人たちに目標を宣言することによって、目標達成率が高まるという心理効果。
心理学効果まとめ

相談の心理効果

相手との距離がとても縮まり、強烈な親近感を抱いてもらうことができる。
心理学効果まとめ

空耳効果

勘違いさせ、その勘違いを記憶に残し、最終的に勘違いを意識させる効果。

損失回避の法則(プロスペクト理論

プロスペクト理論とは得をする時と損をする時とでその価値の感じ方が異なるという事を説明した理論。

黄昏効果

人の体内リズムが一番不安定になるのが「夕暮れ時」であり、思考力や判断能力といったことが低下する。

心理学効果まとめ

ダニング・クルーガー効果

能力の低い人物が自らの容姿や発言・行動などについて、実際よりも高い評価を行ってしまう認知バイアス

ダブルバインド(二者択一法)

すでにOKをもらったことを前提とした二者択一の質問をすることで、相手の気持ちを誘導するテクニック。

小さな池の大きな魚効果

個人の学業レベルが同程度である場合、所属している学校の学業レベルの高低が個人の有能感に影響を与える現象。

ツァイガルニク効果

自分が達成できた物事よりも、達成できなかった物事や中断している物事の方を鮮明によく覚えているという現象。人は未完のモノに興味を強く持つ。

吊り橋効果

人は生理的に興奮している事で、自分が恋愛しているという事を認識するというもの。
心理学効果まとめ

ディドロ効果

日常の中でこれまでとは違った理想的な価値水準、雰囲気、イメージ、ニュアンスをもたらすものが現れた際、その「新たな理想的なもの」に適合させて、既存の所有物や環境等を統一させようとする行動心理。

テンション・リダクション効果

何か大きな決断をしたり、困難な目標を達成した直後、緊張が緩んだ状態になること。
心理学効果まとめ

ドア・イン・ザ・フェイス(譲歩的要請法)

最初に大きな要求をし、断られた後に本題の要求をすること。

確証バイアス

対象を自分の先入観に基づいて判断し、新たに入ってくる情報も、無意識のうちに自分の先入観を正しいものにする情報だけを拾って、先入観は間違っていなかったとする人間の性質。

認知的不協和の解消理論

認知的不協和は、自身の中で矛盾する2つの感情を抱え、不快感を感じること。おうむ返しにして質問するだけで信頼関係。

ハード・トゥ・ゲット・テクニック

「入手困難な商品があるのですが、特別にあなただけに、提供させていただきます」という提案をおこなうテクニック。
心理学効果まとめ

バーナム効果

誰にでも該当するような曖昧で一般的な性格をあらわす記述を、自分だけに当てはまる性格なものだと捉えてしまう心理学の現象。

心理学効果まとめ

バックトラッキング(おうむ返し)

相手の言葉の中でキーとなる言葉や感情の言葉を繰り返すことで、相手の共感を得られやすくなる。

ハロー効果

1つの特性でその人や物の判断をすること。バイアスがかかる状態のこと。

バンドワゴン効果

選択肢の1つが多くの人に支持されている情報を知った場合、その情報が正しいと思い込む心理効果。

ピーク・エンドの法則

人が自分の経験を振り返るとき、その絶頂時はどうだったのか(ピーク)、終わりにどう感じたのか(エンド)の2点を重視すること。お土産を渡すのは最後。

ピクチャートーク

相手に「幸福な未来」をありありとイメージさせる会話法。

心理学効果まとめ

ピグマリオン効果

教える側が期待を持って教えることにより、学習者の成績が向上するという心理効果。
心理学効果まとめ

ブーメラン効果

あからさまに説得されればされるほど反発を感じ、最初の態度を強めてしまう傾向。説得が逆効果となる。

フォールス・コンセンサス

「ほとんどの人は自分と同じ考えに違いない、自分の感覚は一般的だ」と思い込む傾向。

ブックエンド効果

男性は好意を持つ女性のことを考えると片方の肩が下がり、反対に女性は嫌いな人のことを考えると肩が下がる傾向。また、身体の向きや視線が好意を持つ方を向いていたり、話す時に前のめりになったりする傾向。その他、警戒心を抱く相手に対して肩を平行にする姿勢をとる傾向も見られる。

フット・イン・ザ・ドア(多段階要求法)

小さな要求から徐々に大きな要求をする。
心理学効果まとめ

部分強化

一時的に大きな報酬で心理を強化する方法。

ライミング効果

事前に体験した事象によって、その後の判断に影響を与える効果。あらかじめある事柄を見聞きしておくことにより、別の事柄が覚えやすくなったり、思い出しやすくなる。先に手本を示したり、覚えさせたい事柄について雑談してから教えると学習効率が上昇する。

プラシーボ効果

対象者に対してある特定の感情を思い込ませることで、実際にそれを体感する錯覚効果。
心理学効果まとめ

フレーミング効果

人が何かの選択をするとき、その絶対的評価ではなく、自分の基準に当てはめて別の判断をしてしまうこと。見方や基準を変えることで、同じ物事でも全く違う印象を持ってしまう。

噴水効果

ショッピングモールなどで噴水を配置するように地下や1階にイベントブースを設けることで人を呼び込み、施設全体の売上を上げることを目的とした効果。

心理学効果まとめ

文脈効果

隣り合う情報の意味がお互いに影響しあい、意味が形成されること。

返報性の原理

誰かに物をもらったり何かしてもらったら、お返しをしたくなる心理がはたらく原理。
心理学効果まとめ

傍観者効果

ある事件に対して自分以外に傍観者(目撃者)がいる場合、率先して行動を起こさなくなってしまう現象。

ボッサードの法則

物理的な距離が近いほど、心理的な距離も縮まる。
心理学効果まとめ

保有効果

自分が現在所有するものに高い価値を感じ、それを手放すことに強い抵抗を感じてしまう心理効果。

マインドカルテ

話題や特徴をメモして次回に生かす。

マジックナンバー3とマジックナンバー7

人は3と7という数字が心理的に受け入れやすく、この数字を使うことでトークマーケティングを円滑に進めることができるという考え方。

心理学効果まとめ

マム効果

相手にとって不利益や悪感情に繋がる発言を避ける傾向。

ミラーリング効果(同調効果)

親密な関係では相手と同じ動作をすることが多く、好意を抱いている相手と同じ動作をしてしまうこと。

メラビアンの法則

視覚情報が55% 、聴覚情報が38%、言語情報が7%の順に優先度。

心理学効果まとめ

ラポールトーク

親密な雰囲気や共感関係を作り出そうとして、相手の情緒に働きかける話し方。雑談の目的は共通点探し。

ランチョンテクニック

おいしい食事を共にすることで自分の印象も良くなる効果。

心理学効果まとめ

リスキー・シフト

集団で物事を決定するときは個人で物事を決定するときよりも危険で魅力ある選択(ハイリスク・ハイリターン)に導かれやすい。

理由付けの法則

理由を添えるだけで説得率1.5倍。
心理学効果まとめ

リンゲルマン効果

集団で作業すると個人個人の努力がおろそかになり、社会的手抜きと呼ばれる現象が起こること。個人個人の責任の分散のために起こると考えられる。

心理学効果まとめ

連続強化

毎日コツコツと褒めて成長を促す方法。

類似性の法則

似たもの同士は、お互いに好感を持つ。

ローボール・テクニック

最初に簡単なお願いを聞いてもらうと、次に難しいお願いをしてもOKしてくれやすくなる。
心理学効果まとめ

ロミオとジュリエット効果

目的を達成するまでにハードルを設けることで、目的達成に対する意欲的な人々をつくり上げる効果。
心理学効果まとめ

割れ窓理論

建物の窓ガラスが割れたまま放置されていると、管理人がいないと思われ、凶悪な犯罪が増えるという理論。
心理学効果まとめ

体の仕草

イデオモーター効果:不随意かつ無意識の身体運動
後頭部をかく:恥ずかしさや照れ
額にシワを寄せる:苦痛、不快
眉間が動く:嫌悪
瞬き:緊張
目をそらす:不信感
まん丸目玉:喜び
じっと見つめる:好意
急に目を閉じる:その物事を見たくないか、恐怖や不愉快
唇に触れる:安心感を求めている心理状態(不安)
唇をすぼめる:相手の意見に反対であったり、別の主張がある
唇をきつく結ぶ:ストレスや不安
唇をなめる:ストレスや不安
下唇を少し噛む:我慢
急に口数が減る:怒り、恐怖
爪を噛む:自分の思い通りにならない、イライラや欲求不満、ストレス、情緒不安定
歯と歯の間から舌を突き出す:あーあ、やっちゃった
鼻を触る:嘘をついていたり、情緒不安定な状態
鼻をこする:緊張や興奮
小鼻を膨らませる:緊張と興奮
頬を膨らませる:相手に対して、拒絶、不服、反対
頬を両手で覆う:驚いて興奮した心を鎮めようとする
耳を触る:苦手なことに遭遇したり、困ったことに出会ったと感じている
頬を撫でる:かなりの緊張状態
喉元や首に触れる:不快やストレス、脅威
顎を上げる:非常に自信を持っていて、傲慢な性格になっている状態
首をかしげる:疑問を感じた場合
腕組みをする:警戒していたり、敵対視していたり、頑として話を受け付けないという心理状態
上体をそらす:不快に思っていたり、恐怖や脅威
手を触る:何かを隠している
手を組み合わせて祈る:ストレスや不安、心配
手を頭の後ろで組む:支配と優越性の心理
手を揉み合わせるしぐさ:不安、ストレス、自信の無さ
手のひらで膝をこする:不安や緊張
複数の椅子に腕を広げる:自信、快適
腕を引っ込める:恐怖や脅威
腰に手を当て肘を張る:権力誇示、問題指摘
肩を耳まで上げて首をすぼめる:不安や自信のなさ
胸を突き出す:闘争本能をむき出し
体の全面を向ける:安心感や好意
上半身を左右に振る:動揺
胴体を相手に傾ける:好意
背もたれに体をあずける:リラックス、無警戒
足の向き:本能が行きたい方向
足を踏み鳴らす:怒り
足首を椅子の脚にからめる:ストレスや不安
足で跳んだり跳ねたりする:喜び、楽しさ
貧乏ゆすり:不安やストレス
相手と似た仕草:好意
うろうろする:行動的で活発な性格、落ち着きがなく、せっかち

MACショートカットキー一覧

qiita.com

切り取り、コピー、貼り付け、その他の一般的なショートカット

ショートカット 説明
command + X 切り取り:選択した項目を削除して、クリップボードにコピーします。
command + C コピー:選択した項目をクリップボードにコピーします。このショートカットは、Finder 内のファイルに対しても使えます。
command + V ペーストクリップボードの内容を現在の書類または App にペーストします。このショートカットは、Finder 内のファイルに対しても使えます。
command + Z 取り消す:直前のコマンドを取り消します。その後で、「command + shift + Z」キーを押してやり直す (取り消しコマンドを取り消す) こともできます。一部の App では、複数のコマンドを取り消したり、やり直したりすることが可能です。
command + A すべてを選択:項目をすべて選択します。
command + F 検索:「検索」ウインドウを開きます。または、書類内の項目を検索します。
command + G 次を検索:直前に検索した項目が次に出現する箇所を探します。前に出現した箇所を検索するには、「command + shift + G」キーを押します。
command + H 隠す:最前面の App のウインドウを非表示にします。最前面の App を表示し、その他すべての App を隠すには、「command + option + H」キーを押します。
command + M しまう:最前面のウインドウを最小化して Dock にしまいます。最前面の App のウインドウをすべて最小化するには、「command + option + M」キーを押します。
command + N 新規:新規の書類またはウインドウを開きます。
command + O 開く:選択した項目を開きます。または、開くファイルを選択するためのダイアログが開きます。
command + P プリント:現在の書類をプリントします。
command + S 保存:現在の書類を保存します。
command + W 閉じる:最前面のウインドウを閉じます。App のウインドウをすべて閉じるには、「command + option + W」キーを押します。
command + Q 終了:App を終了します。
command + option + esc 強制終了:App を選択して強制終了します。または、「command + shift + option + esc」キーを 3 秒間押したままにすると、最前面の App のみを強制終了できます。
control + スペースバー Spotlight:Spotlight 検索フィールドの表示/非表示を切り替えます。Finder ウインドウから Spotlight 検索を実行するときは、「control + option + スペースバー」を押します。複数の入力ソースを使い分けて複数の言語で文字入力している場合は、これらのショートカットで、Spotlight の表示/非表示ではなく、入力ソースが切り替えられます。
スペースバー クイックルッククイックルックを使って、選択されている項目をプレビューします。
command + tab App の切り替え:開いている App のうち、最近使った順番で次にあたる App に切り替えます。
command + shift + チルダ (~) ウインドウの切り替え:最前面の App のウインドウを、最近使った順番で次にあたるウインドウに切り替えます。
command + shift + 3 スクリーンショット:画面全体のスクリーンショットを撮ります
command + カンマ (,) 環境設定:最前面の App の環境設定を開きます。

 スリープ、ログアウト、システム終了に関するショートカット

ショートカット 説明
電源ボタン 押すと Mac の電源が入ります。または、Mac のスリープが解除されます。
  Mac の稼働中に 1.5 秒間押したままにすると、ダイアログが表示され、再起動、スリープ、またはシステム終了のいずれかを選択できます。
  5 秒間押したままにすると、Mac の電源が強制的に切れます。
command + control + 電源ボタン Mac を強制的に再起動します。
command + option + 電源ボタン Mac をスリープ状態にします。
shift + control + 電源ボタン ディスプレイをスリープ状態にします。
command + control + 電源ボタン すべての App を終了し、Mac を再起動します。開いている書類の変更内容が未保存の場合は、保存するかどうかを確認するメッセージが表示されます。
command + option + control + 電源ボタン すべての App を終了し、Mac をシステム終了します。開いている書類の変更内容が未保存の場合は、保存するかどうかを確認するメッセージが表示されます。
command + shift + Q OS X ユーザアカウントからログアウトします。確認を求めるメッセージが表示されます。
command + shift + option + Q OS X ユーザアカウントからただちにログアウトします。確認を求めるメッセージは表示されません。

 書類に関するショートカット

ショートカット 説明
command + B 選択したテキストを太字にします。または、太字属性のオン/オフを切り替えます。
command + I 選択したテキストを斜体にします。または、斜体属性のオン/オフを切り替えます。
command + U 選択したテキストに下線を引きます。または、下線属性のオン/オフを切り替えます。
command + T 「フォント」ウインドウの表示/非表示を切り替えます。
command + D 「開く」ダイアログまたは「保存」ダイアログ内で、「デスクトップ」フォルダを選択します。
command + control + D 選択した単語の定義の表示/非表示を切り替えます。
command + shift + コロン(:) 「スペルと文法」ウインドウを表示します。
command + セミコロン (;) 書類内でスペルに誤りのある単語を検索します。
option + delete 挿入ポイントの左側にある単語を削除します。
control + H 挿入ポイントの左側にある文字を削除します。または、「delete」キーをお使いください。
control + D 挿入ポイントの右側にある文字を削除します。または、「fn + delete」キーをお使いください。
fn + delete Forward Deleteキーのないキーボードで、挿入ポイントの右側にある文字を削除します。または、「control + D」キーをお使いください。
control + K 挿入ポイントから、行または段落の末尾までの範囲にあるテキストを削除します。
command + delete 「削除」ボタンまたは「保存しない」ボタンのあるダイアログで、「削除」または「保存しない」を選択します。
fn + 上矢印 page up:1 ページ分上にスクロールします。
fn + 下矢印 page down:1 ページ分下にスクロールします。
fn + 左矢印 home:書類の先頭までスクロールします。
fn + 右矢印 end:書類の末尾までスクロールします。
command + 上矢印 挿入ポイントを書類の先頭に移動します。
command + 下矢印 挿入ポイントを書類の末尾に移動します。
command + 左矢印 挿入ポイントを現在の行の先頭に移動します。
command + 右矢印 挿入ポイントを現在の行の末尾に移動します。
option + 左矢印 挿入ポイントを前の単語の先頭に移動します。
option + 右矢印 挿入ポイントを次の単語の末尾に移動します。
command + shift + 上矢印 挿入ポイントから、書類の先頭までの範囲のテキストを選択します。
command + shift + 下矢印 挿入ポイントから、書類の末尾までの範囲のテキストを選択します。
command + shift + 左矢印 挿入ポイントから、現在の行の先頭までの範囲のテキストを選択します。
command + shift + 右矢印 挿入ポイントから、現在の行の末尾までの範囲のテキストを選択します。
shift + 上矢印 選択したテキスト範囲を、1 つ上の行の、水平位置がもっとも近い文字まで拡張します。
shift + 下矢印 選択したテキスト範囲を、1 つ下の行の、水平位置がもっとも近い文字まで拡張します。
shift + 左矢印 選択したテキスト範囲を 1 文字分左に拡張します。
shift + 右矢印 選択したテキスト範囲を 1 文字分右に拡張します。
shift + option + 上矢印 選択したテキスト範囲を、現在の段落の先頭まで拡張します。もう一度押すと、その次の段落の先頭まで拡張します。
shift + option + 下矢印 選択したテキスト範囲を、現在の段落の末尾まで拡張します。もう一度押すと、その次の段落の末尾まで拡張します。
shift + option + 左矢印 選択したテキスト範囲を、現在の単語の先頭まで拡張します。もう一度押すと、その次の単語の先頭まで拡張します。
shift + option + 右矢印 選択したテキスト範囲を、現在の単語の末尾まで拡張します。もう一度押すと、その次の単語の末尾まで拡張します。
control + A 行または段落の先頭に移動します。
control + E 行または段落の末尾に移動します。
control + F 1 文字分進みます。
control + B 1 文字分戻ります。
control + L カーソルまたは選択範囲を表示領域の中央に表示します。
control + P 1 行上に移動します。
control + N 1 行下に移動します。
control + O 挿入ポイントの後に 1 行挿入します。
control + T 挿入ポイントの右側の文字と左側の文字を置換します。
command + {(左中かっこ) 左揃えにします。
command + }(右中かっこ) 右揃えにします。
command + shift + 縦棒(|) 中央揃えにします。
command + option + F 検索フィールドに移動します。
command + option + T App 内のツールバーの表示/非表示を切り替えます。
command + option + C スタイルをコピー:選択した項目の書式設定をクリップボードにコピーします。
command + option + V スタイルをペースト:コピーしたスタイルを、選択した項目に適用します。
command + shift + option + V ペーストしてスタイルを合わせる:コンテンツの中に貼り付けた項目に、その周りのコンテンツと同じスタイルを適用します。
command + option + I 「インスペクタ」ウインドウの表示/非表示を切り替えます。
command + shift + P ページ設定:書類設定を選択するためのウインドウを表示します。
command + shift + S 「別名で保存」ダイアログを表示します。または、現在の書類を複製します。
command + shift +マイナス記号(-) 選択した項目のサイズを縮小します。
command + shift +プラス記号(+) 選択した項目のサイズを拡大します。「command + 等号 (=)」キーも同じ機能を果たします。
command + shift +疑問符(?) 「ヘルプ」メニューを開きます。

 Finder に関するショートカット

ショートカット 説明
command + D 選択したファイルを複製します。
command + E 選択したディスクまたはボリュームを取り出します。
command + F Finder ウインドウで Spotlight 検索を開始します。
command + I 選択したファイルの「情報を見る」ウインドウを表示します。
command + shift + C 「コンピュータ」ウインドウを開きます。
command + shift + D 「デスクトップ」フォルダを開きます。
command + shift + F 「マイファイル」ウインドウを開きます。
command + shift + G 「フォルダへ移動」ウインドウを開きます。
command + shift + H 現在の OS X ユーザアカウントのホームフォルダを開きます。
command + shift + I iCloud Driveを開きます。
command + shift + K 「ネットワーク」ウインドウを開きます。
command + option + L 「ダウンロード」フォルダを開きます。
command + shift + O 「書類」フォルダを開きます。
command + shift + R AirDrop」ウインドウを開きます。
command + shift + U 「ユーティリティ」フォルダを開きます。
command + option + D Dockの表示/非表示を切り替えます。このショートカットは通常、Finder の外部でも機能します。
command + control + T 選択した項目をサイドバーに追加します (OS X Mavericks 以降)。
command + option + P Finder ウインドウのパスバーの表示/非表示を切り替えます。
command + option + S Finder ウインドウのサイドバーの表示/非表示を切り替えます。
command + スラッシュ(/) Finder ウインドウのステータスバーの非表示/表示を切り替えます。
command + J 表示オプションを表示します。
command + K 「サーバへ接続」ウインドウを開きます。
command + L 選択した項目のエイリアスを作成します。
command + N Finder の新しいウインドウを開きます。
command + shift + N 新規フォルダを作成します。
command + option + N 新しいスマートフォルダを作成します。
command + R 選択したエイリアスの作成元のファイルを表示します。
command + T 現在の Finder ウインドウでタブが 1 つ開いているときに、タブバーの表示/非表示を切り替えます。
command + shift + T Finder タブの表示/非表示を切り替えます。
command + option + T 現在の Finder ウインドウでタブが 1 つ開いているときに、ツールバーの表示/非表示を切り替えます。
command + option + V 移動:クリップボードに配置したファイルを、元の場所から現在の場所に移動します。
command + option + Y 選択したファイルのクイックルックスライドショーを表示します。
command + Y クイックルックを使って、選択したファイルをプレビューします。
command + 1 Finder ウインドウの項目をアイコン形式で表示します。
command + 2 Finder ウインドウの項目をリスト形式で表示します。
command + 3 Finder ウインドウの項目をカラム形式で表示します。
command + 4 Finder ウインドウの項目を Cover Flow で表示します。
command + 左角かっこ( [ ) 前のフォルダに移動します。
command + 右角かっこ( ] ) 次のフォルダに移動します。
command + 上矢印 現在のフォルダを内包するフォルダを開きます。
command + control + 上矢印 現在のフォルダを内包するフォルダを新規ウインドウで開きます。
command + 下矢印 選択した項目を開きます。
command + MissionControl デスクトップを表示します。このショートカットは、Finder の外部でも機能します。
command + 輝度を上げる ターゲットディスプレイモードのオン/オフを切り替えます。
command + 輝度を下げる Mac が複数のディスプレイに接続されている場合に、ディスプレイミラーリングのオン/オフを切り替えます。
右矢印 選択したフォルダを開きます。このショートカットは、リスト表示でのみ機能します。
左矢印 選択したフォルダを閉じます。このショートカットは、リスト表示でのみ機能します。
option + ダブルクリック フォルダを別のウインドウで開き、現在のウインドウを閉じます。
command + ダブルクリック フォルダを別のタブまたはウインドウで開きます。
command + delete 選択した項目をゴミ箱に移動します。
command + shift + delete ゴミ箱を空にします。
command + shift + option + delete 確認ダイアログを表示せずにゴミ箱を空にします。
command + Y クイックルックを使ってファイルをプレビューします。
option + 輝度を上げる システム環境設定の「ディスプレイ」パネルを開きます。このショートカットは、どちらの輝度キーでも機能します。
option + Mission Control システム環境設定の「Mission Control」パネルを開きます。
option + 音量を上げる システム環境設定の「サウンド」パネルを開きます。このショートカットは、どの音量キーでも機能します。
command + ドラッグ 項目をドラッグして別のボリュームまたは場所に移動します。項目のドラッグ中は、ポインタが変化します。
option + ドラッグ ドラッグした項目をコピーします。項目のドラッグ中は、ポインタが変化します。
command + option + ドラッグ ドラッグした項目のエイリアスを作成します。項目のドラッグ中は、ポインタが変化します。
option + 詳細表示三角形をクリック 選択したフォルダ内のすべてのフォルダを開きます。このショートカットは、リスト表示でのみ機能します。
command + ウインドウのタイトルをクリック 現在のフォルダを内包するフォルダを表示します。

Windows 10のショートカットキー(作業効率大幅アップ)

 

www.atmarkit.co.jp

 

 

デスクトップ関連のショートカットキー

 

組み合わせるキー 動作
[D] ウィンドウを最小化してデスクトップ表示
[L] 画面ロック/アカウント切り替え
[M] 全てのウィンドウを最小化
[Shift]+[M] 最小化したウィンドウを復元
[O] 画面の自動回転のオンオフ
[,] ウィンドウを透明化(エアロピーク)
[↑] 選択中のスナップされたウィンドウを上半分にする
[↓] 選択中のスナップされたウィンドウを下半分にする
[Shift]+[↑] ウィンドウを縦方向最大化
[Shift]+[↓] ウィンドウ最小化または縦方向最大化を戻す
[→] エアロスナップを使ってマルチディスプレイ間で右方向に動かす
[←] エアロスナップを使ってマルチディスプレイ間で左方向に動かす
[Shift]+[→] ウィンドウをマルチディスプレイ間で右方向に動かす
[Shift]+[←] ウィンドウをマルチディスプレイ間で左方向に動かす
[Home] 現在ウィンドウ以外は最小化(エアロシェイクと同じ)
[Tab] タスクビュー/正順選択(バージョン1709)、Windows Timelineを開く(バージョン1803)
[Shift]+[Tab] タスクビュー/逆順選択(バージョン1709)、無効(バージョン1803)
[Ctrl]+[T] 新しいSetsタブを開く*1
[Ctrl]+[W] 現在のSetsタブを閉じる*1
[Ctrl]+[Tab] 次のSetsタブ*1
[Ctrl]+[Shift]+[Tab] 前のSetsタブ*1
[Ctrl]+[D] 新規仮想デスクトップ
[Ctrl]+[→] 仮想デスクトップ間の右方向移動
[Ctrl]+[←] 仮想デスクトップ間の左方向移動
[Ctrl]+[F4] 現在の仮想デスクトップを終了
[V] 通知の正順選択
[Shift]+[V] 通知の逆順選択
[Ctrl]+[V]

マイ連絡先のショルダータップを開く

 

 

タスクバー関連のショートカットキー

 

組み合わせるキー 動作
[B] 通知領域アイコン選択
[T] タスクバーアイコン順次選択
[Shift]+[T] タスクバーアイコン逆順選択
[X] WinXメニュー
[1]~[0] タスクバーN番目のアプリの最初のウィンドウ選択
[Ctrl]+[1]~[0] d タスクバーN番目のアプリの最後のウィンドウ選択
[Shift]+[1]~[0] d タスクバーN番目のアプリを新規インスタンスとして起動
[Ctrl]+[Shift]+[1]~[0] タスクバーN番目のアプリを管理者権限で新規インスタンスとして起動
[Alt]+[1]~[0] タスクバーN番目のアイコンのジャンプリスト

 

起動関連のショートカットキー

 

組み合わせるキー 動作
[A] アクションセンター
[Alt]+[D] 日付と時刻の表示(トグル)
[E] ファイルエクスプローラー起動
[F] フィードバックHubアプリ起動
[Alt]+[F] ランゲージコミュニティを起動(インストール時のみ)
[G] ゲームバーオン/オフ
[H] ディクテーションを開始*1
[I] 「設定」アプリ起動
[K] [接続]クイックアクション
[N] OneNoteの新規ミニノートを開く
[Ctrl]+[O] スクリーンキーボードのオン/オフ
[P] 「映す」クイックアクション(マルチディスプレイ出力モード)
[R] ファイル名を指定して実行
[Ctrl]+[S] Windows音声認識
[U] 簡単操作センターの起動
[W] Windows Ink Workspace
[X] WinXメニュー
[+] 大鏡起動/拡大(+)
[Ctrl]+[Enter] ナレーター(音声読み上げ)を起動
[Pause] システムプロパティを開く

 

キーボード関連のショートカットキー

 

組み合わせるキー 動作
[Space] キーボード切り替え(言語とレイアウト)
[Ctrl]+[Space] 前回のキーボードレイアウトに戻る
[Shift]+[Space] キーボード切り替え(言語とレイアウト)逆順
[.]/[;] 絵文字パネルを開く
[/] IMEの再変換を開始

 

特殊なショートカットキー

 

組み合わせるキー 動作
[Ctrl]+[Shift]+[B] ディスプレイドライバーのリセット
[Y] Windows Mixed Realityとデスクトップの間で入力切替
[BS] UWPアプリの「戻る」
[Shift]+[C] チャームメニューを開く
[Z] アプリメニュー(旧Windowsストアアプリのみ)
[J] 利用可能な場合は、Windowsのヒントにフォーカスを設定する
[F1] Windowsヘルプとサポート
[Shift]+[S] 範囲を指定してスクリーンキャプチャーしクリップボードに保存
[Print Screen] スクリーンショット(ファイル保存)
[Alt]+[Print Screen] アプリをゲーム設定してスクリーンショット(ウィンドウ)

 

その他のショートカットキー

 

組み合わせるキー 動作
[Ctrl]+[C] カラーフィルターのオン/オフ
[Ctrl]+[Enter] ナレーター(音声読み上げ)を起動
[Ctrl]+[N] ナレーター設定
[Ctrl]+[O] スクリーンキーボードのオン/オフ
[Ctrl]+[S] Windows音声認識
[U] 簡単操作センターの起動
[+] 大鏡起動/拡大(+)
[-] 大鏡縮小(-)
[Ctrl]+[M] 大鏡の設定
[ESC] 大鏡の終了
アクセシビリティ機能のショートカットキー
 
 
組み合わせるキー 動作
[Alt]+[B] ブロードキャストの開始/中断(ゲームモード中)
[G] ゲームバーのオン/オフ(ゲームモードのオン/オフ)
[Alt]+[G] ゲームモードにして記録開始
[Alt]+[M] マイクのオン/オフ(ゲームモード中)
[Alt]+[R] 記録の開始/停止
[Alt]+[T] 記録タイマーを表示(ゲームモード中)
[Alt]+[W] ブロードキャストでカメラを表示(ゲームモード中)
ゲームバー関連のショートカットキー
 
 
組み合わせるキー 動作
[C] Cortanaを聞き取りモードで開く(オプション)
[Q] Cortana起動
[S] 検索(Cortana)
[Ctrl]+[F] ネットワーク探索(ActiveDirectory利用中のみ)
Cortana/検索関連のショートカットキー