読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「熱意ある社員」6%のみ 日本132位、米ギャラップ調査

お疲れ様です。

 

2泊3日の帰福生活もまたもうちょいで終わってしまいます。。

 

 

 

今回、元職場に戻って、勉強会を開催してみました。

  

まあ、他の人間が作った資料なのと、ほとんど理解できている資料な訳で、

 

特に困ることもなく説明はできましたが・・

 

 

基本的には今話題のITキーワードを

 

説明したことになります。

 

 

 

ところで、

 

 

www.nikkei.com

 

 

この記事ご覧になられた方いらっしゃいますか?

 

ギャラップ社 

ストレングスファインダーでも有名な会社さんです

 

 

熱意ある社員は6%の記事・・

 

 

熱意って何なんでしょうね・・

 

 

本当にそうなんですかね・・

 

 

とはいえ、あまりに低い数字にショックを受けました。

 

 

 

このことを書いたブログがあったので

 

日本には「熱意ある社員」は6%のみで、世界132位と最下位クラス… – Smart Walker

 

 

 

ちょっと読んでみたけど、

 

ヒカキンは

 

社員ではないしね・・・

 

 

いわゆる、個人事業主ですよ・・

 

 

ただ、私が勉強会開催していた時も、

 

インタラクティブに(双方向で)

 

会話しながら、

 

進めましょうと言っていたのに・・

 

 

こっちからファシリテートしてやっと双方向に・・

 

 

まあ、私があまりにグダグダっと会話したからかもしれませんが・・

 

 

もうちょいいろんな意見が欲しかったなあと思いましたね・・

 

 

是非仕事につなげてほしい!!

 

そんな気持ちが強いからです!

 

でも、まぁ、こういった活動含め、

 

自重しようかなぁと最近考えたりしてますけどね。。。理由はまた。。

 

 

 

 

でも13名程度の方が参加してくれましたが、

 

正直嬉しかったですよ・・

 

それこそ熱意ある社員が参加してくれたと理解しています。。

 

全体の50%が参加してくれました!!

 

 

 

 

話を戻しますが、個人事業主なら、

 

 

当然、熱意を持たざるを得ませんが、

 

 

日本はまだ、守られている

 

という位置付けが強いように感じます。

 

だから、

 

頑張らなくても、ほどほどには生活できるし

 

それほど、熱意がなくてもやっていけるんですよね。。

 

 

 

 

個人的には、

 

給料欲しい人には、

給料欲しい形での働き方ができる環境、

 

時短で働きたい方には、

時短で働ける環境、

 

副業したい人は

副業できる環境など

 

もっと促進して欲しいと思うし、

 

 

もっと我々はあらゆる場所で

 

研鑽を図るべきだと思っています。

 

 

 

 

正直にいうと、

 

今回、Fukuoka grouth. next (旧大名小学校)

 

行ってきましたが、

 

 

だいぶ刺激を受けたし、

 

 

正直、ああいうオフィスで

 

働いてみたいと思いました。

 

熱意が高まりそうなセカンドオフィス。

 

 

ほんといいなあと思います。

 

羨ましい・・

 

 

 

 

以上、乱文にて失礼しました。 

 

技術的負債について

成田空港行きの電車で、このブログ書いてます。

 

皆さん、

 

技術的負債

 

って聞いたことありますか。

 

 

私はつい最近知りました。

 

以下wikiより

 

技術的負債(英: Technical debt)とは、行き当たりばったりなソフトウェアアーキテクチャと、余裕のないソフトウェア開発が引き起こす結果のことを指す新しい比喩である。

 

最近公私ともにお世話になっているqiitaのブログにもありました。

http://qiita.com/kmszk/items/ad687e772da454e3f614

 

 

所謂、バタバタコーディングしてつぎはぎでやってスパゲティソースになって、保守性が低い、というような意味ですね。

 

 

これ、

 

とある方に聞きましたが、

 

経営者や幹部には、

 

非常にパンチの効く

 

キーワードで、

 

○○負債と

 

聞いたら必ず、

 

なんとかしろ!

 

 

となりそうです。

 

私も実は耳がいたいところもあります。

 

 

 

これをリファクタリングして行くことになるわけですが。。

 

 

リファクタリング本も出てますし、おいおい読みたいと思います。

 

プログラミングは料理に似ている

  • シェフが料理のレシピを作る -> エンジニアがプログラムの仕様書を作る
  • シェフがレシピ通りに料理をする -> エンジニアがプログラムの仕様書通りにプログラミングをする
  • シェフが部下の作った料理の味見をする -> エンジニアが部下の書いたコードのレビューをする
  • シェフが新作の料理を作る -> エンジニアが大まかにプログラムの設計をした後、プログラミングをしながら頭の中で設計を洗練させてつつプログラムを作る

 

下記より引用させていただきました。

 

changesworlds.com

中小企業診断士 2017年 断念

こんばんは。

 

そろそろ、東京に来て、2ヶ月が経過しようとしています。

 

生活はまあまあ。

 

やはり、時間さえあれば色々活動しやすいのはメリットですね。

 

 

 

さて、

 

以前、30代の頃に受験しました、

 

中小企業診断士

 

ですが、

 

今年、通勤講座(5万程度)

 

を申し込んで

 

 

朝毎日スマホで、勉強してました。。

 

 

東京に行けば多少、時間も増えるかとも期待はしてましたが。。

 

 

全然時間増えない。。

 

 

それどころか。。orz

 

 

 

ということで、泣く泣く、

 

今年の申し込みは諦めます。

 

 

 

何を優先すべきなのかを真剣に見直したいと思います。

 

 

 

フリー素材 

気分転換に、

 

ブログのヘッダを変えてみました。

 

かねてより使いたかった

 

mika-rika-free.jp

 

 

 

これです。

 

まぁ、色々調べたら、このお二人も色々あるみたいで・・。

 

フリーミアムビジネス

Evernoteとか、プレミアムな部分の機能だけ有料にするビジネス)

 

的な方向なんでしょうけど。

 

シェアを確保できるかが、このビジネスって大事だと思うんで・。

 

この後どうなるか気になりますね。

 

f:id:jinsights:20170520135313j:plain

f:id:jinsights:20170520131251j:plain

f:id:jinsights:20170520141054j:plain

MacでPythonを使って『機械学習』を学ぶための環境構築 開始

お疲れ様です。

 

最近、夜遅くまで仕事するのが、色々諸事情があり、

辛くなってきた私です。。

 

最近、機械学習が私の中でホットな話題になっています。

 

機械学習といえば、

 

Python

 

もしくは

 

R

 

という言語が良さそうですが、

 

私は一応

 

エンジニアなのと

 

Rはなんかとっつきにくそうなので、

 

PythonMacにインストールしてみようと思います。

 

 

 

f:id:jinsights:20170518233509p:plain

 

 

 

参考WEB

 

http://qiita.com/yoshizaki_kkgk/items/4663148a2b3ca078ddbc

qiita.com

 

 

今後は、MacBook Air機械学習の練習ができそうです。

 

pip3 install scikit-learn

 

機械学習は超有名なサイキットラーンを入れておきます。

 

とりあえず、今日はこの辺で勘弁してやるか・・・

 

 

 

 

【Cognitive】Cognitive ワークショップ for WatsonBuild

(場所)IBM本社

(日時)518日 13時半~17時半

 

f:id:jinsights:20170518202536j:image

 

◎オープニング

 

デジタルディスラプション

創造的変革、創造的破壊

 

①顧客体験の重要性を理解する

②課題発想解決

③一連のプロセスを体験

④楽しむ

 

マスではなく、「個」の顧客にフォーカスする

 

ユーザの体験を重視

 

カスタマージャーニー

 

素早く試行錯誤を繰り返すことが重要

 

観察洞察創作のループ

 

 

 

◎ワークショップ デザイン思考

 

コグニティブワークショップ

 

発言・思考

振る舞い・感情

 

 

ミニワークショップ。

下の写真のような流れ。

 

 

f:id:jinsights:20170518202601j:image

 

うちのチーム成果物。

f:id:jinsights:20170518202635j:image