技術的負債について

成田空港行きの電車で、このブログ書いてます。

 

皆さん、

 

技術的負債

 

って聞いたことありますか。

 

 

私はつい最近知りました。

 

以下wikiより

 

技術的負債(英: Technical debt)とは、行き当たりばったりなソフトウェアアーキテクチャと、余裕のないソフトウェア開発が引き起こす結果のことを指す新しい比喩である。

 

最近公私ともにお世話になっているqiitaのブログにもありました。

http://qiita.com/kmszk/items/ad687e772da454e3f614

 

 

所謂、バタバタコーディングしてつぎはぎでやってスパゲティソースになって、保守性が低い、というような意味ですね。

 

 

これ、

 

とある方に聞きましたが、

 

経営者や幹部には、

 

非常にパンチの効く

 

キーワードで、

 

○○負債と

 

聞いたら必ず、

 

なんとかしろ!

 

 

となりそうです。

 

私も実は耳がいたいところもあります。

 

 

 

これをリファクタリングして行くことになるわけですが。。

 

 

リファクタリング本も出てますし、おいおい読みたいと思います。