「熱意ある社員」6%のみ 日本132位、米ギャラップ調査

お疲れ様です。

 

2泊3日の帰福生活もまたもうちょいで終わってしまいます。。

 

 

 

今回、元職場に戻って、勉強会を開催してみました。

  

まあ、他の人間が作った資料なのと、ほとんど理解できている資料な訳で、

 

特に困ることもなく説明はできましたが・・

 

 

基本的には今話題のITキーワードを

 

説明したことになります。

 

 

 

ところで、

 

 

www.nikkei.com

 

 

この記事ご覧になられた方いらっしゃいますか?

 

ギャラップ社 

ストレングスファインダーでも有名な会社さんです

 

 

熱意ある社員は6%の記事・・

 

 

熱意って何なんでしょうね・・

 

 

本当にそうなんですかね・・

 

 

とはいえ、あまりに低い数字にショックを受けました。

 

 

 

このことを書いたブログがあったので

 

日本には「熱意ある社員」は6%のみで、世界132位と最下位クラス… – Smart Walker

 

 

 

ちょっと読んでみたけど、

 

ヒカキンは

 

社員ではないしね・・・

 

 

いわゆる、個人事業主ですよ・・

 

 

ただ、私が勉強会開催していた時も、

 

インタラクティブに(双方向で)

 

会話しながら、

 

進めましょうと言っていたのに・・

 

 

こっちからファシリテートしてやっと双方向に・・

 

 

まあ、私があまりにグダグダっと会話したからかもしれませんが・・

 

 

もうちょいいろんな意見が欲しかったなあと思いましたね・・

 

 

是非仕事につなげてほしい!!

 

そんな気持ちが強いからです!

 

でも、まぁ、こういった活動含め、

 

自重しようかなぁと最近考えたりしてますけどね。。。理由はまた。。

 

 

 

 

でも13名程度の方が参加してくれましたが、

 

正直嬉しかったですよ・・

 

それこそ熱意ある社員が参加してくれたと理解しています。。

 

全体の50%が参加してくれました!!

 

 

 

 

話を戻しますが、個人事業主なら、

 

 

当然、熱意を持たざるを得ませんが、

 

 

日本はまだ、守られている

 

という位置付けが強いように感じます。

 

だから、

 

頑張らなくても、ほどほどには生活できるし

 

それほど、熱意がなくてもやっていけるんですよね。。

 

 

 

 

個人的には、

 

給料欲しい人には、

給料欲しい形での働き方ができる環境、

 

時短で働きたい方には、

時短で働ける環境、

 

副業したい人は

副業できる環境など

 

もっと促進して欲しいと思うし、

 

 

もっと我々はあらゆる場所で

 

研鑽を図るべきだと思っています。

 

 

 

 

正直にいうと、

 

今回、Fukuoka grouth. next (旧大名小学校)

 

行ってきましたが、

 

 

だいぶ刺激を受けたし、

 

 

正直、ああいうオフィスで

 

働いてみたいと思いました。

 

熱意が高まりそうなセカンドオフィス。

 

 

ほんといいなあと思います。

 

羨ましい・・

 

 

 

 

以上、乱文にて失礼しました。