EngineerZine

『キングダム』に学ぶ成り上がり「お惣菜屋さんからITコンサルタントへの奇跡」〜これだから乱世は面白い〜、思考を言語化していこう!

My History

生い立ちの記 #2019.9.1更新
~幼少時代
 〇jinsights 1976年鹿児島市生まれ。
 ・のぼり病院で生を享ける(逆子による帝王切開術により)
 ・幼少時代は天才と言われていた(理由不明)
      
~小学生時代
 〇鹿児島市西田小学校~川内市(現薩摩川内市隈之城小学校~鹿児島市上小学校
 ・転勤族で川内と鹿児島を行き来する。
 ・成績は比較的上位
 ・柔道部に所属
 ・父の影響でカラオケ(演歌)で地方大会、MBCテレビに出場経験あり。
  (トロフィーが数個実家に飾ってある)
  歌を歌ってほしいという名目で小学生のときに家族代表で一人従妹の結婚式に参加することもあった。

 ・小学4年生の時にお寿司屋の子とお付き合いしていた(というよりままごと?)
 ・MSX2+でBasic、FM音源での作曲を始める。
 ・小学6年生のころ川内で(K.U)さんという女性に片思いしていたが、転校する際に別れ際のプレゼントに書いてあった言葉が今でも忘れられない・・(このバカ・・的な言葉だったんですが、手帳に書いてあって・・でもすごい嬉しかったのを覚えてる。)

 ・また、川内から鹿児島に戻る。

 ・鹿児島へ転入した時、めっちゃ笑われたのを覚えてる・・
 ・その頃ぐらいから、ちょっとした自分に自信がねー、病へ突入・・ 

 ・進路はそのまま鹿児島地区の中学校へ

~中学校時代
 〇鹿児島市武中学校
 ・当時は鹿児島きっての不良の多い中学。。(武、谷山、天保山。。所謂3Tと呼ばれてました)
 ・成績は500点中450以上は確保していて、オール5の経験もあり。
 ・中学2年の際、生徒会 副会長に当選。トップの当選だったんだが、なぜか副会長。(たぶん皆ノリで自分を推挙してくれてたww)
 ・鹿児島市中学生招待事業に参加。薩摩義士による大垣市の治水工事の功績もあり、
  鹿児島市大垣市の交流として年に30名しか鹿児島市で選抜されないメンバーに選ばれて、他の中学生と岐阜県大垣市
 ・このときも彼女的な人(M.Yさん)はいたが、今はどうしてることやら・・
 ・部活は柔道部。生徒会等もやっていたこともあり初段試験は受けられず。
 ・この時期はほんと荒波で、不良と喧嘩したり(一方的に殴られる)、柔道部先輩と喧嘩は日常的でした・・
 ・3年のときに育英ゼミナール(現は廃業?)という塾に通い始める。
 ・公立中央高校は安全圏だったが、中央高校は名前的に無理ということで無理に公立甲南高校を受験し不合格→保険かけてた私立津曲学園鹿児島高校英数科へ入学

~高校時代
 〇鹿児島私立鹿児島高校英数科
 ・男女併学だったが、運よく年上の彼女を・・(A.Oさん)
 ・部活は帰宅部
 ・年上の女性とxxしたことが思い出か・・・
 ・高校で受験失敗していたこともあり、C判定の九州大学を諦め、費用面で早稲田大学の推薦を断り、地元の鹿児島大学へ入学(法文学部法学科)

~大学時代
 〇国立大学法人鹿児島大学(北辰)
 ・部活等はなし
 ・4年間ずっと山形屋ストア西千石店にてレジ打ちを経験
 ・コンビニ、スーパー、ガソリンスタンド、家庭教師もその間に経験
 ・Windows95を購入し、グラフィックデザインDTMなど幅広くITに絡んでいく。
 ・卒業旅行は人生経験を兼ねて東京、名古屋、大阪、広島、福岡と、就職活動を展開。
 ・小売、IT、ゲーム会社、公務員など様々受験したが、結果株式会社ダイエーに入社。

~社会人
 〇D社 鹿児島店 23才
 ・入社早々、トレーナー先輩社員(女子)が結婚を機に辞めるとのことで引継ぎからスタート。
  当初IT部門に行きたかったが。希望する部署にはいけず、惣菜課での作業。
 ・この時期は朝7時~22時ぐらいまでサービス残業(時効だよね)管理職と喧嘩することもしばしば。サービス残業が嫌だったわけではなく、サービス残業を見逃しているくせに労基が入ると無理に早う帰れというスタンスが嫌だった。それなら思う存分働かせて欲しいというのが当初からの私の気持ち。
 ・バイトの女子と遊ぶことしか考えてなかった^^(いまだと職権乱用)
 ・比較的若いバイトの子とは年齢が近いこともあり楽しくやっていたと思う。
  超真面目なバイト君でお惣菜半額セールを基本任せていたが、
  「お惣菜はいかがですか~♪」
  とでかい声で言ってやってくれた彼は今元気かなぁ。。マジンガーZの歌うたわせると、ガチにまねがうまい子だった・・
 ・2年目には新店 マリナタウン店(福岡)への転勤決定。また24歳で年上の方と結婚(式はあげず)

 〇D社 マリナタウン店 24才
 ・福岡での定住がスタート。
 ・25才のときに第一子が誕生したが、福岡と鹿児島の遠距離でうまくいかず・・・離婚orz
 ・結婚しているにもかかわらず、何故か様々なアルバイトちゃんから告白される・・ww(それほどかわいくは・・・orz、まあ僕もブサイクだが・・何故?)
 ・新店ではショップに上司が存在したが、女性問題により退職orz・・ショップマネージャ不在で何故か私が切り盛り。

 ・この頃、新たな恋も色々していた・・Yahooメッセンジャーで知り合った鹿児島の子と付き合い始める。。結局めっちゃ年上の人が好きだったようで、別れる・・

福岡まできてもらって、色々やってたなぁ・・1年ぐらいの付き合い・・・

 ・この頃から原価管理をITを駆使してEXCELなどでPCのマクロ等で管理し始める。2000年頃。自身でどのぐらいのロスを出すことで問題になるかなど計算を始める。
 ・前マネージャが無駄に作ってしまった負債である在庫架空計上300万円による粉飾を確認し幹部に事情を報告したが(冷蔵庫、冷凍庫には300万の在庫があると帳面上は記載されているが、実際は空っぽということ)、補填等は出来ない等言われて、早速問題にぶち当たる・・その後、徹底した売上粗利管理を実施し半年かけて解消し、適正な商売ができるように改善。幹部より一定の評価を得る。
 ・マネージャに昇格
 ・3年勤めて惣菜課でも一定の成果をあげたので、25歳の夏に退職を持ちかける。スーパーバイザー(部長的な人)に慰留された(確か稚加榮(ちかえ)でじっくり話をして、バイヤーにならないか?との話を受けた記憶ある)3年でやりきった感もあり、もともと希望していたITという異業種への転職を敢行。
 

 〇F社 25才 いい会社が決まらず、取り急ぎフリーター的に1ヶ月程度

  あなたとコンビニ〜のお店で深夜働く。
 〇J社 25才
 ・福岡支店立ち上げということで人を募集していたこともあり

  トントン拍子で再就職が決まる。

  当時、Microsoft製開発ソフト(3万)を自腹で購入してスキルをつけていた。
 ・激務のソフトウェア会社に常駐しプログラマセンスを身につけ、色々とんとん拍子で昇格。(当時は3台のPCで3つの異なるプロジェクトをやっていた・・・orz)
 ・26才にS社常駐、27歳でN社常駐へ。
 ・28才のときに情報処理試験を合格。
 ・29才のときに再婚。
 ・社員コミュニケーションが低いと感じ、独自にグループウェアを構築。インターネットプロバイダとも契約など進め、支店で浸透させ、業務改善提案、報告書の標準化など積極的に行動。

 ・自宅サーバなどLinuxを中心に独自にサーバ周りの学習を進める。
 ・30歳でPMPに興味を持ち、まずはIPAのプロジェクトマネージャ試験(レベル5)に32歳で合格。
 ・その後、ファシリテーションコーチングなど外部交流を広げる。(日本ファシリテーション協会(FAJ)、福岡コーチング協会など)
 ・32歳~客先常駐という立場ながら客先でPM/PLを担当。早くから英語にも着手。TOEIC試験もこの時受験して725点をとる。
 ・日本ITストラテジスト協会に興味を持ち、ITストラテジスト試験未合格の状態で飛び込む。

 〇N社 35才~
 ・J社退職後にSIer(N社)に転職。
 ・日本ITストラテジスト協会 九州支部長。(3期目)、ふくべん、各種団体理事など、精力的に活動。

 ・福岡市のイベント、活動に積極的に関わりあうようになり、補助金を用いた活動なども含めて進めるようになる。

 ・日本ITストラテジスト協会の関わりをきっかけに幅広い活動を展開していく。
 ・仕事では単身赴任で東京在住経験有り。

 ・その後も資格試験など精力的に活動
 ・パッケージ業務のみの知識に不安を感じ、現在はAI,IoT、XRといった分野に積極的に活動中。

 ・40代最後のチャンスに、転職活動を再開。グローバル化、最先端の仕事、福岡で就業可能なことがキーワード。

 

〇A社 42才~

 ・大手ITコンサル会社へ転職。AI-OCR、RPAなど業務改革中心の仕事にシフト。

PowerPoint作成が増える。現在に至る。