PowerBIで人流を可視化してみる

お疲れ様です。

 

先週はデータビジュアライゼーションのために、

 

出張中、移動中、セミナー中もずっと

 

MicrosoftのPowerBIでなんとか出来ないかと

 

色々試していました。

 

BI / Data Analytics | マイクロソフト クラウド プラットフォーム

 

Microsoftのサイトを見ると、

 

Power BI 自習書

 

なるものが

 

有志でつくられているようですので、

 

こちらをダウンロードして

 

必死に勉強していました。

 

 

細かいことは

 

zeal-blog.zdh.co.jp

 

 

ここあたりのサイトをご覧いただければいいんですが、

 

PowerBIはBIツールで

 

データの可視化が可能です。

 

 

色々グラフや様々なツールが無料で使えるわけなんですが、

 

Power BI custom visuals

 

というものもあり、

 

自分でプログラミングすれば、

 

自分でカスタマイズしたグラフなどを作成可能ということでした。

 

 

私もさすがにそこまではする気になれないので、

 

今あるものでいろいろ試しています。

 

 

今試しているのは

 

Synoptic Designer for Power BI

 

Synoptic Designer for Power BI

 

 

を使った動線の可視化です。

 

動線と言っても、PowerBIで動線は今のところ、

 

表示するのは難しいので、

 

座席表のこのブログで記載されているやりかたを流用して、

 

動線っぽく見せることになります。

 

 

ここからは、企業秘密になるので、

 

これをどのようにしたのかは

 

秘密ですが、

 

f:id:jinsights:20171106000252j:plain

 

 

こんなイメージで、

 

週末研究開発の名のもとに、ごりごり頑張りました・・・