EngineerZine

『キングダム』に学ぶ成り上がり「お惣菜屋さんからITコンサルタントへの奇跡」〜これだから乱世は面白い〜、思考を言語化していこう!

ピンチヒッター

おはようございます。

 

昨日は仕事でピンチヒッターを仰せ使いました。最近ピンチヒッター多いなあ。

 

ピンチヒッターやってみて改めて感じることをしたためます。

 

最近のITの潮流にモード1とモード2という話があり、

 

モード1からモード2へ以降していかなければ!

 

という話があります。

 

 

実はここには大きな隔たりがあります。

 

やり方が違うのでお互いに認め合わないという雰囲気です。

 

また、文系と理系にも隔たりがあることを改めて最近感じます。

 

まぁ、私は文系出身研究者であることを笑われたわけですが、あまり文系理系関係ないとは思います!

 

だから何?

 

って感じです。

 

文系だろうが、統計検定も受けますし、データサイエンスにもチャレンジします。

 

もちろん、完璧にはなりきれないとは考えてます。

 

 

常に未完成でいつづけたい