EngineerZine

〜人生楽しくをモットーに常に闘いつづける〜 ※本ブログ内の発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません

東京拠点リリース日

お疲れ様です。

 

f:id:jinsights:20180217233708j:plain

 

 

ついにこの日がやってきました・・

 

東京拠点をリリース(手放す)日が・・

 

荷物はクロネコヤマトの単身赴任パックで出荷です。

 

 

 

f:id:jinsights:20180217233902j:plain

 

すっきり何事もなく綺麗になりました。

 

 

もともと見積もりは4万〜5万で見積もりしてもらっていたのですが、

 

結果的に3万代という格安っぷりでした。

 

 

17個の品物を福岡まで発送してもらうことになります。

 

まあ、安くても高くても私の金ではないんですが・・

 

 

ただ、退去日の室内チェックでは、

 

不動産屋さんからちょこちょこチェックが・・・

 

 

会社が出してくれた敷金でおさまるか不安です・・

 

 

最後に

 

大家さんに挨拶しに行こうと思ったのですが、

 

大家さん1Fで仕事をされているのですが、

 

めっちゃ忙しそうでしたので、、、

 

 

諦めてお手紙と菓子折りを発送することにしました。

 

もちろんAmazonで・・・

 

 

 

夕方は、

 

f:id:jinsights:20180217234338j:plain

 

赤羽の立ち飲み行ったり、

 

 

f:id:jinsights:20180217234418j:plain

 

池袋のえん寺というお店のつけ麺食べたり、

 

 

ぶらぶらしていました。。

 

 

結局一人だとこんな感じになるんですよね・・

 

 

カフェに座って色々していたほうが時間の効率化に繋がるわ・・

 

 

 

拠点リリースはほんと、

 

寂しくもありますが、

 

1年でも3年でも5年でも

 

私にはあまり変わらない気がします。

 

 

それよりも

 

1年で畳んで、

 

家族、福岡中心の生活にした方がいいと思うし、

 

結果的にはいい判断をしたと考えています。

 

 

福岡での活動をどのようにしていくかも

 

あらかた固まりました。

 

 

東京までの生活が

 

第1幕

 

とすると、

 

Return  to Fukuoka 

 

は第2幕の始まりです。

 

 

衝撃を与えてあげますよ・・