EngineerZine

『キングダム』に学ぶ成り上がり「お惣菜屋さんからITコンサルタントへの奇跡」〜これだから乱世は面白い〜、思考を言語化していこう!

システムエンジニアにとって必要なこと・・

お疲れ様です。

 

仕事帰りです。

 

sakaba.cocolog-nifty.com

 

以下は上記ブログの引用です。

まずは、システムエンジニアにとって必要なこととして

社外勉強会についてお話を引用します。

 

=======================================

社内勉強会の利点

  • 事例の詳細が紹介できる
  • 業務に合わせてテーマを選べる
  • 時間調整が容易

社内勉強会の欠点

  • 発表者が限られる
  • 内容が偏りがち
  • 義務的になり易い

社内勉強会の微妙な点

  • 残業手当が出るのか、出ないのになんでと思う
  • 一部の人間に負担がかかる
  • 継続的な勉強には向いているが、様々なトレンドは追いにくい

社外勉強会の利点

  • 著名な発表者( ほんまもんに会える!)
  • 最新トレンドが選べる
  • 自由意志で参加できる

社外勉強会の欠点

  • イベントに合わせて仕事の調整が必要
  • イベント情報を得られるアンテナが必要
  • 具体性に乏しい場合がある

社外勉強会の微妙な点

  • 基本は自己負担
  • 移動しないといけないので、時間調整が必要
  • ビジネスにつながるか微妙

勉強会として比較すると、こんなところでしょうか。しかし、社外勉強会にはもっと重要な事があります。

外に出る利点

  • 世の中の動向がわかり、刺激が受けられる
  • 自分の会社の長所・短所がわかる
  • 同じ興味を持つ仲間が増える

狙うと失敗するもの

  • 商売のネタをさがしに勉強会に出ると、本音で話せる人脈ができない
  • 格好を付けても、本物でなければすぐにばれる
  • 知ったかぶりをしていては、教えてもらえないので知識が得られない

若者も年長者も外に出て刺激を受けるべきです。広い視野をもてば、苦しいプロジェクトを客観視でき、新しい展開も見えてくるでしょう。

 

技術者は常に勉強が必要です。引きこもって勉強していては続きません。外に出て、仲間と楽しく勉強しましょう。

 

=======================================

以上、引用です。

 

あとこれは私の意見ですが社外勉強会に参加されると、外部に仕事以外の人脈ができてしまい、転職などの人材を失う脅威になるかもしれないと上司の方は感じているかもしれません。

 

私もかなり昔ですが、比較的大手の会社で古い考えの会社さまの上層部の方と会話した際に、社外勉強会なんてもってのほか!というやり取りをしたことがあります。

 

 

ほんとにそんなんでいいんですかね?

 

 

以前の受託開発や派遣をやっていた会社の社員さんは結構前向きに、

「社外勉強会」行きましょう!って言ってくれて、、

 

SE関連やコミュニケーションスキル関連も一緒にやってくれたんで、

ほんと励みになったんですが・・

 

最近の周りの方々だと、普通の人が多いのかわかりませんが、熱意があまり感じられません・・

まあ、私が変態なのかもしれませんが・・

また、前の会社では比較的上の役職だったんで、ブラックな強制で参加しろ、と思われたのかもしれませんが・・・

 

社外勉強会が全てでもないし、資格も全てではありませんが、

SEである以上はあらゆる部分にアンテナを持つことが、

結果自然と、社外勉強会の参加であったり、

資格を取ったりになるんじゃないかと思います。

 

 

本読むより、知識を吸収するのは

 

その有識者に聞く!

 

のが一番と思います。

 

とことん飽くなき追究して行きましょう!

 

それが最終的には「共創」であったり、

自分のビジネスに繋がります!

 

まあ、実は会社にこっそりみなさん勉強してるんですかね・・

(私は自分がいいと思ったら、シェアし続けます!)

 

 

 

f:id:jinsights:20181002234218j:plain