EngineerZine

『キングダム』に学ぶ成り上がり「お惣菜屋さんからITコンサルタントへの奇跡」〜これだから乱世は面白い〜、思考を言語化していこう!

合成音声について

お疲れ様です。
 
今日は情報処理試験でした。
 
多忙な時期に重なる、というのは昨年同様で、
 
正直かなり苦戦しました。
 
 
 
論文対策がやはり十分にできてないですね。。
 
 
10月、11月は繁忙期なんで落ち着いたら、
 
先に、論文対策のサンプルを3つほど書いて諸々対策したいと考えてます。
 
 
 
f:id:jinsights:20181022003513j:image
 
さて、2018年の私は、研究多岐にわたりました。
 
IoTのセンサー関連、物体検知、openpose、yolo、mask r-cnnなどの研究、msのAzureのML研究。
 
 
そんな中で、異色なもの
 
合成音声、vTuber関連の知識などの勉強をしていました。
 
 
たまたま、情報処理試験終了後、自宅に帰ってテレビ見てたら、聞いた瞬間にすぐわかりました。
 
 
 
これ、合成音声です。
 
 
 
 
かなーり研究して、
 
商用okのものや、
 
商用NGだけど、
 
なかなか良さそうなもの、など、
 
 
また、vtuber関連も、facerig、live2d、facevtuberなど検証して実はyoutube配信もテスト的に初めて見ました。
 
 
今回は、私が仕事で使う動画もそれらの技術を流用しています。
 
 
ちなみに、私が使ったものは
 
Windows haruka
 
です。
 
まぁ、ちょっと不自然ですが、無料なんでね。。
 
 
 
また、動画は色々作って試してみたいとは思っています。